作品紹介

赤白つるばみ

ストーリー

声の色が見えるという芸術家の老女・キノは、兄の大蛇丸を「白い子」と呼び、弟の由良ノ介の声を「赤白つるばみ」だと言う。兄弟の家の隣には、幼なじみのヒルコが双児の端午と桃、その弟のコタローと住んでいる。

無料試し読み!

楠本まき

7月15日生まれ。B型。1984年、[お気に召すまま]で『マーガレット』にてデビュー。
公式サイトあります。
ツイッターやってます。

登場人物

  • 大蛇丸

    (おろちまる)

    由良ノ介の兄。ヒルコに想いをよせていた。

  • 由良ノ介

    (ゆらのすけ)

    大蛇丸の弟。画学生。ヒルコに告白したことがある。

  • ヒルコ

    (ひるこ)

    大蛇丸と由良ノ介の幼なじみ。

  • キノ

    (きの)

    声の色が見える老女。芸術家。

  • オトハ

    (おとは)

    由良ノ介のルームメイト。キノの孫。色弱。

  • 端午と桃

    (たんごともも)

    ヒルコの子。双児。

  • コタロー

    (こたろー)

    ヒルコの子。端午と桃の弟。

MBS!で無料試し読み 8月開催中のキャンペーン
マーガレットchannelで「彼と恋なんて」連載中!